マーチンアコースティックギターギター 買取の【シナリッシュ】ではD-28、D-41、000-28などMartin/マーティンギターを高価に買取ります。


HOME > 弦楽器の買取 > アコースティックギターの買取 > マーチンアコースティックギター買取

Martin/マーチン

マーチンアコースティックギター買取

マーチンアコースティックギター D-45等を買い取ります

Martin / マーチン アコースティックギターの買取り

モデル例

Martin/マーティンアコースティックギターのトップメーカー。幅広いラインナップと、個性ある楽器の中から自分のスタイルと音楽に合った楽器を選べる。世界中の数多くのアーティストに愛用されている。

  • D-18
  • D-28
  • D-35
  • D-41
  • D-42
  • D-45
  • 000-18
  • 000-28
  • 000-42

Martinギターの機種は非常に多く、上記機種は中でも人気機種の一例です。マーチン・マーティンギターはどのような機種・年式・状態でも買取大歓迎です。

マーチンアコースティックギターの製造年確認方法

マーティンギターの製造年はシリアル番号(製造番号)で判断できます。マーチンのシリアル番号は、通し番号になっていて何番から何番までが何年製と簡単に製造年を調べられます。
シリアル番号の場所
ほとんどの場合はサウンドホールから楽器の内部ネック側を見たときに焼印があります。4~7桁の数字の通し番号になっています。シリアル番号(製造番号)の上にはD-28など機種の焼印も押されています。
シリアル番号の読み方
シリアル番号から年式を推測する方法は簡単ですので、購入年・製造年がわからない場合はシリアル番号をお知らせいただければ結構です。

どのような状態でも買取ります。

ウェザーチェックウェザーチェック(例はギブソン)
【ウェザーチェック(塗装面のひび割れ)】
質の良いアコースティックギター特にマーチンアコースティックギターは、上質の塗料を薄塗りで何度も塗り重ねて仕上られます。そのため年月が経つにつれ塗装面にひびわれが出る場合があります。これはウェザーチェクなどと呼ばれます。木目に沿って縦に割れたり、網目状に割れるものがあります。どちらも塗装のみの割れの場合は音質には影響が無く、逆にヴィンテージ感・貫禄・風格が出て味があるのですが、売却・買取の場合は見た目が悪いといわれ買取を拒否されたり査定額が下げられる場合が多いです。当店の場合はそのような状態でももちろん買取り歓迎です。


ウェザークラックウェザークラック(例はギブソン)
【ウェザークラック(木部のひび割れ)】
楽器の大きな温度や湿度変化、過乾燥などにより木材にひびが出る場合があります。これはクラックとも呼ばれます。上記のウェザーチェックよりも割れに部分が目立ち隙間があります。さらにひどいものは段差も見られます。こちらの場合は塗装面のひび割れと違い音質にも影響が出る場合がありますが、当社ではこのような状態でも買取歓迎です。


ブリッジの剥がれブリッジの剥がれ(例はギブソン)
【トップの膨らみ・ブリッジの剥がれ】
アコースティックギターにはつき物ともいえるトップ(表板)の膨らみですが、ひどいものになると見るからに盛り上がって見えます。ひどい場合には本体とブリッジの間に隙間ができることもあります。さらにもっとひどくなると、ブリッジが剥がれてネック側に浮き上がっている場合があります。この状態になるとほとんどの場合買取不可能のお店が多いですが、当店の場合はもちろんその状態のままでも買取歓迎です。


※上記のいずれの場合も、査定のお申し込み時に大まかで結構ですので表面状態やブリッジの状態をお伝えください。楽器到着後の査定額の減額はありません。ご安心してお取引ください。
※弦が無い・弦が錆びているなどはもちろん査定に影響はございません。