オーボエの知識

オーボエの知識
 

オーボエの基本知識

オーボエの種類や成り立ち、歴史など。シナリッシュの楽器技術者の経験からオーボエの知識についていくつかご紹介させていただきます。楽器購入、楽器買い替え、中古楽器購入の際の参考にしてください。

オーボエとは

木管楽器の一種で、その中でもダブルリード楽器に属する。オーケストラでは木管楽器は元より管楽器の中心的存在となる重要なポジションを担う。多彩表現力と魅力的な音色のため、主にメロディーを担当しソロも多い。


オーボエの歴史

コンセルヴァトワール式

1800年代になりパリ音楽院の教授陣や楽器製作者トリエベールにより、コンセルヴァトワール式のオーボエが開発された。多少の改良は加えられながら、現在最も普及しているのオーボエのシステムになった。


ウィーン式

原型に近い音色と形状を持ったジャーマン式オーボエを改良し、独自のシステムを開発。この独特な音色のオーボエは音色重視のため運指が非常に難しく、プロのオーケストラではウィーンフィルなどごく限られたオーケストラのみで常用されている。


ジャーマン式

ジャーマン式オーボエは、かつてドイツで作られていたシステムのオーボエである。世界的にも普及し多くのプロ奏者も使用しているオーボエだった。


オーボエの歴史についてさらに詳しく読む
 

オーボエのシステム

セミオート(セミ・オートマチック・システム)

セミオートのオーボエは、第1オクターブキーを押しながら、第2オクターブキーを押さえると、自動的に第1オクターブキーが閉じるシステムである。調整も容易で、故障も少なく、日々のメンテナンスも容易である。


フルオート(フル・オートマチック・システム)

フルオートのオーボエは、ドイツの技術者が運指を楽にしようと交換したシステムで、オクターブキーの指で押さえる所を一つにして、第1オクターブキーと第2オクターブキーが音によって自動的に切り替わる。運指が多少楽になる代わりに複雑になっているため、メンテナンスやキーのバランス調整が非常に難しい。そのため専門家や特にこだわる人以外は、セミオートを推奨する教師がほとんどである。


オーボエのシステムについてさらに詳しく読む
 

 webフォームで買取価格を調べる

 電話で買取価格を調べる(24時間可)