フルート買取

フルートの買取

 

 webフォームで買取価格を調べる

 電話で買取価格を調べる(24時間可)

フルート買取の実績

最近実際に当店で買取させていただいたフルートの買取実績の一部

ムラマツフルートAD

ムラマツ 総銀 AD
16.3万円
出張買取
美品、多少の傷・変色
ヤマハフルートYFL-514

ヤマハ YFL-514
3.1万円
宅配買取
小さな凹み、変色あり
ムラマツフルートDS

ムラマツ 総銀 DS RC
26.5万円
出張買取
美品、磨き傷あり
サンキョウフルートエチュード

サンキョウ エチュード
5.8万円
宅配買取
メッキ浮き少々

フルートの買取相場

 当店での買取査定相場の一部です。

買取強化メーカー

ムラマツ MURAMATSU

EX

7.2万円~11.2万円

GX

16.3万円~19.5万円

DS

24.3万円~31.3万円

AD

13.0万円~18.5万円

ムラマツフルート買取詳細
 

ヤマハ YAMAHA

YFL-212

1.5万円~2.5万円

YFL-312

2.5万円~4.5万円

YFL-517

4.3万円~8.0万円

YFL-617

7.0万円~11.0万円

YFL-717

10.3万円~17.3万円

ヤマハフルート買取詳細

パール Pearl

PF-505E プレスト

0.8万円~2.0万円

PF-525E ブリランテ

1.0万円~2.3万円

PF-665E ドルチェ

2.5万円~3.5万円

パールフルート買取詳細

サンキョウ SANKYO

エチュード

3.0万円~6.3万円

シルヴァーソニック

6.5万円~10.5万円

アーティスト

8.5万円~16.3万円

サンキョウフルート買取詳細

相場表は作成時点での主なメーカー・器種の買取査定相場価格です。年式や状態、時期等により相場は変動します。また長年同じモデル名で販売されているものは査定の幅が大きくなっています。
H足部管付、彫刻などのオプション。特別仕様、選定証明書付などの場合は査定がアップします。
詳しくはwebフォームやお電話でお問い合わせください。

フルートを高く売るならシナリッシュへ

フルート売却を考え始めたら

フルートは吹奏楽の中でも人気の高い木管楽器です。またフルートは素材に貴金属の純銀や金、プラチナなどを使用しているため新品は非常に高価になっています。そのため中古フルートの需要はとても多く、フルートの買取相場は年式が新しいものほど高いため、「もう使わないので売ろうかな?」と考え始めたらシナリッシュへご相談ください。


大切なピッコロの高価買取査定

フルートの査定を行う当店のスタッフは、全員楽器メーカー出身の楽器技術者で、アマチュア楽器奏者です。今も仲間とともにアンサンブルやコンサートなどを楽しんでいます。そのため誰よりも楽器や商品を大切にし、買取金額にも自信を持っています。楽器は学生時代や演奏していた頃の思い出が詰まった大切な品物です。ぜひ私たちにおまかせ下さい!

選べる3つの買取方法

各コースのご紹介
宅配買取は自宅で梱包し発送するだけ。全国対応です。
 

宅配買取

自宅で梱包し発送するだけ。送料など全て無料。最短3日でご入金。全国対応。
出張買取はご自宅へ伺い即金支払。
 

出張買取

ご自宅で買取。出張費無料。大型楽器もOK。即現金支払い。可否エリアあり。
店頭買取は当店工房・事務所にお持ち込み頂くだけ。即金支払い。
 

店頭買取

当店の工房・店舗に直接お持ち込みいただくだけ。その場で即現金お支払い。 

最短3日で入金完了

おススメの買取り方法です。

 
宅配買取ながれ。事前査定、買取キット発送、銀行振込。

 
宅配買取は全国対応です!買取キットが届くので商品を梱包して送料着払いで送るだけ。到着次第確認してお振込みいたします。ご負担無しの全て無料! 買取キットとは?

最短当日お支払い

最もスピーディでカンタン。(エリアにより不可の場合あり)
 
出張買取のながれ。事前査定、無料出張、現金支払。

 
出張買取可能エリアであれば、大型楽器でも可能なおすすめ。出張費無料でお伺い致します。ご指定の日時をお打ち合わせし、当日楽器を確認して現金をお支払い!

最短当日お支払い

買取店へご来店いただく安心の買取方法です。
 
店頭買取のながれ。事前査定、ご来店、現金支払。

 
査定額にご満足いただければ、ご来店日時を予約後ご来店ください。工房・事務所・店舗買取になります。当日楽器を確認して現金をお支払い!

 webフォームで買取価格を調べる

 電話で買取価格を調べる(24時間可)

お客様の声

フルート買取させていただいたお客様のクチコミ

アルタスフルートをお売りいただいた方より

石川県・女性(2020年12月)
大変スピーディーなご対応に感謝しております。お送りしたフルートが楽器を大切にしてくださる方の元に届くことを願っております。どうぞよろしくお願い致します。ありがとうございました。


ミヤザワフルートをお売りいただいた方より

鹿児島県・女性(2020年6月)
早速お振込みのご連絡ありがとうございました。先ほど確認させていただきました。この度は迅速丁寧なお取引をありがとうございました。


フルートを購入していただいたお客様より

ミヤザワフルート

(2020年7月)
念願のマイフルートを手にして今まで以上に練習に取り組めています。今後予定している演奏会やコンクールなどが楽しみです。自分の好みの音でよく鳴ってくれます。顧問の先生にもよい楽器だと褒めていただきました。本当にありがとうございました。


パウエルフルート

大変希少な素晴らしい楽器でした。ずっと大事に使わせてもらいます。


フルートメーカー一覧

 買取強化メーカー

ムラマツ/MURAMATSU

世界のトップメーカーの一つで、プロ奏者も多く使っている。DS、AD、DN、SR、PTPが特に有名。

ミヤザワ/MIYAZAWA

コストパフォーマンスが高いメーカー。明るい音色が特徴。アトリエ、レガシー、ハンドメイドなどが有名。

サンキョウ/SANKYO

響きがとてもよいフルートが多い。エチュード、アーチスト、シルバーソニックなど。木管フルートも定評がある。

ヤマハ/YAMAHA

日本が誇る総合楽器メーカー。フルートも非常に質が高く使用プレーヤーも多い。YAMAHAYFLシリーズはEメカが標準装備。

アルタス/Altus

比較的新しいメーカー。表面の仕上げは大変よい。中級レベルの器種はコストパフォーマンスが高い」。

バーカート/Burkart

バーカート
パウエルフルートで製作に腕を振るっバーカート氏が設立。日本人好みではないが非常によい音。

ノマタ/Nomata

ノマタ
新しいブランドで非常に繊細な造りと豊かな音色で好評。野亦(ノマタ)氏が製作。

ヘインズ/Haynes

米国で最も伝統ある メーカー。伝統のみならず独自の素材や合金のフルートも人気。

ブランネンブラザーズ/Brannen Bros.

世界最高のフルートともいわれ、プロ奏者に絶大な人気がある。コンサート向きの音作り。

パウエル/Powell

アメリカの老舗メーカーのひとつ。多くの職人がパウエルで修行し独立している。遠鳴りのする楽器。

ハンミッヒ/Hammig

ハンミッヒ
ハンミッヒ一族の製作。様々なブランドがある。ピッコロとともに木製フルートも評価が高い。

ラファン/J.R.Lafin

ラファン買取
頭部管では世界最高峰といわれる。プロの演奏家も頭部管だけはラファンを使っていることが多い。

パール/Pearl

様々なランナップやオプションで選択肢が非常に多い。ハンドメイドも定評がある。

マテキ/MATEKI

現在はフルートを作っていないが人気は高い。様々な素材や仕上げ、オプションでバリエーションに富む。

FMCフルートマスターズ/FMC Flute Masters

フルートマスターズ
1992年に設立の若い楽器工房。当初は修理専門であったが、本体製作も評価が高い。

ヤマダ/YAMADA

ヤマダ買取
ピッコロが特に有名。山田フルート・ピッコロ工房として1978年に北海道に設立。

イワオ/Iwao

アルトフルートやバスフルートに定評がある工房。楽器修理業から発展しため他社の修理や調整・改造も行う。

その他のメーカー

アキヤマ/AKIYAMA、マンケ/MANCKE、メナート/Mehnert、ナガハラ/Nagahara、フォリジ/Salvatore faulisi、ランデール/J.Landell、 マクラクラン/Ian McLauchlan、ソナーレ/Sonare、シェリダン/Sheridan、コタケ/KOTAKE、サクライ/SAKURAI、ディメディッチ/di Medici、トマジ/Werner Tomasi、ナツキ/NATSUKI、コタト&フクシマ/Kotato&Fukushima、パルメノン/M.Parmenon、あずみ、アリスタ/Arista、ゴウ・ニューボイス/GUO New Voice、アザレア/Azalea、ヴェロワ/Valoir、エイベル/Abel、エステラ/Estella、M.W.M/M.Watanabe.Mfg、エマニュエル/Emanuel、ゼフ/zeff、ソング/Y.L.Song、トレバージェームス/Trevor James、Newフォルテ2/New Forte 2、プレイテック/PLAYTECH、ヘルナンデス/Hernandez、マルカート/MARCATO、ラファン/J.R.Lafin など、国内外の全ての有名メーカー、工房も買取可能です。お気軽に無料査定にお問い合わせください。
 

フルート頭部管の買取

フルート本体買い替えなどによるフルート頭部管(ヘッドジョイント)のみの買取も行っております。
フルート頭部管買取

どのようなフルートでも買取ります

コンディションに関するご質問

  • キーの動きが悪い、動かない、曲がっている。
  • 銀の表面が黒紫色に変色している。
  • メッキが剥がれたり」浮いたりしている。
  • 管にへこみや擦り傷がある。
  • タンポが破れている。茶色に変色している。
  • ジョイントが固くて入らない。または緩すぎてグラグラ。
  • 長年手入れしていないし、もう吹けないのでコンディションが確認できない。
  • 音がちゃんと出ないので故障があるかもしれない。修理・調整が必要。
  • とても使用感があり、見た目に古く感じる!

上記のようなコンディションでもそのままで買取可能です。

黒ずんだフルート

銀の黒ずみ

傷んだフルートのタンポ

タンポの傷み

キーの動きが悪いフルート

キーの動きが悪い

フルート器種確認方法

メーカーごとの機種や品番の調べ方

ヤマハフルートの器種刻印

ヤハマフルート

ヤマハ買取の場合は胴部管の上部、メーカー刻印の下あたりに器種の刻印があります。例の画像では514が機種にあたり、正確にはYFLー514です。このようにヤマハフルートはYFLの部分を省略している場合が多いです。

ムラマツフルートの器種刻印

ムラマツフルート

ムラマツフルート買取はEX、GXの場合は胴部管上部に刻印がありますが、総銀製(AD、DS、スタンダード等)以上は器種の刻印が入りません。その場合、購入時の価格や素材などで判断します。銀か洋銀かは、指で弾いた音や色艶で判断できます。

ミヤザワフルートの器種刻印

ミヤザワフルート

ミヤザワフルート買取の場合は胴部管の上部、メーカー刻印付近に器種・機種名の刻印があります。例の画像はWien Stage(ウィンステージ)です。刻印が入ってない場合は購入時の価格などでも判断できます。

サンキョウフルートの器種刻印

サンキョウフルート

ミヤザワフルート買取の場合も、胴部管の上部付近に器種の刻印があります。例の画像はETUDE(エチュード)。また総銀製セミハンドメイド・ハンドメイド以上の器種は器種刻印が無い場合が多いので、トーンホールの種類や購入価格等で判断します。

パールフルートの器種刻印

パールフルート

パールフルート買取も、胴部管上部に品番の刻印があります。例ではPF-501。品番の他にプレストという機種名がありますが、その刻印はありません。品番で機種名は判断できますのでこちらを買取時お知らせください。

その他アルタスやマテキなども胴部管に刻印がありますが、パウエル、ヘインズ、ブランネンなど海外製のフルートは一部のものを除き、ほとんどの場合器種刻印がありません。このような場合は購入年や購入金額、素材表示などで判断できますので査定ご依頼時にお知らせください。
購入時の保証書や選定証明書、領収証などがあれば記載があるのでお手元にある場合は査定時時ご確認ください。
一部のメーカーでは持ち主の方が製造番号で問い合わせると、器種を教えてもらえる場合もあります。

フルートについて

フルートとは

 木管楽器の一種で、その中でもリードを使わないエアリード楽器である横笛の一つ。現在は殆どのものが金属(銀や洋銀)で作られ複雑に連結されたキーの操作によって音程を変えて演奏する。


フルートの歴史

フルートの成り立ちや、どのようにして現在のような形になったかなどの進化と改良の歴史を解説します。
フルートの歴史をさらに詳しく読む
 


フルートのお手入れ

演奏後

掃除棒にガーゼを通し内部の水分を拭き取る。

クリーニングペーパーで湿気や水分を吸い取る。

手垢やホコリをクロスやネルで拭き取る。

数ヶ月に一回

フルート専用のキイオイルを軸に少量差す。

半年~1年に一回

フルート技術者がいる楽器専門店で定期的にバランス調整を行う。

1年~数年に一回

フルート専門技術者にタンポ交換、バランス調整を行ってもらう。

フルートのお手入れについてさらに詳しく読む
 


フルートの材質

  • 洋銀製
  • 洋銀に銀メッキ
  • 銀製
  • 金製

フルートの材質についてさらに詳しく読む
 


おすすめのフルート買取店の選び方

 明確な査定価格の提示ができること。手放したフルートの行方のこと。大切な楽器を託すには楽器買取専門店がおススメです。
 

 webフォームで買取価格を調べる

 電話で買取価格を調べる(24時間可)