フルート買取

フルートの買取

フルートの買取価格表

フルートの査定を申し込む前、買取相場を知りたい方に分かりやすいフルート買取相場の一覧を掲載しました。これは当店が実際に査定する際に使用している相場表で、フルートのメーカーごとに査定相場を確認できます。
フルートの買取価格が高いお店を見分けるためにも、事前に相場を知っておくことは大切です。
実際の買取実績やお客様の声ともご参考にしてください。
正確な査定価格を知りたい方は、査定フォーム、お電話、LINEでお問い合わせください。


買取強化メーカー

ムラマツ MURAMATSU

現行機種

器種 買取価格(単位:万円)
EX 11.0~5.5
GX 17.0~10.0
DS 30.0~20.0
DS H足 33.0~23.0
DS H足Eメカ 35.0~25.0
SR
50.0~30.0
PTP 55.0~33.0

旧機種
器種 買取価格(単位:万円)
M-60 1.5~0.5
M-85 3.0~1.0
M-100 4.0~2.0
M-120 5.0~3.0
M-180 7.0~4.0
スタンダード 15.0~5.0 
AD C足 22.0~13.0
AD H足 25.0~15.0
DN 24.0~12.0

ムラマツフルート買取詳細

ヤマハ YAMAHA

器種 買取価格(単位:万円)
YFL-212 2.5~1.5
YFL-312 4.5~2.5
YFL-517 8.0~4.5
YFL-617 11.0~7.0
YFL-717 17.0~13.0
YFL-211 1.0~0.2
YFL-311 1.5~0.5
YFL-411 2.5~1.5
YFL-511  4.0~2.0
YFL-514  4.5~2.5
YFL-614 6.0~4.5
YFL-714 13.0~11.0

ヤマハフルート買取詳細

ミヤザワ MIYAZAWA

現行機種

器種 買取価格(単位:万円)
BR-102E 5.0~3.0
Atelier1E 6.5~4.0
Atelier2E 9.0~5.0
Atelier3E 15.0~9.0
MX Type-1 19.0~13.0
MX Type-2 23.0~16.0

旧機種
器種 買取価格(単位:万円)
MS-70S 2.0~0.5
MS-95S 3.0~1.0
PCM-300 4.0~1.5
MC-300 5.0~2.0
gi-bu SH 2.5~1.0
gi-bu ST 5.5~2.5
gi-bu Solid Silver 7.0~5.0
gi-bu classic1 3.0~1.0
gi-bu classic2 5.0~3.0
gi-bu classic3 7.0~5.0
Wien Stage1 5.0~3.0
Wien Stage2 7.0~4.0
Wien Stage3 11.0~6.0
Legacy1 7.0~4.0
Legacy2 8.0~5.0
Legacy3 13.0~8.0
ハンドメイドType1 14.0~10.0
ハンドメイドType2 15.0~11.0

ミヤザワフルート買取詳細

パール Pearl

現行機種

器種 買取価格(単位:万円)
オペラ シルバー 40.0~27.0
マエスタ ゴールド ASK
マエスタ シルバー 30.0~17.0
カンタービレ 16.0~12.0
カンタービレ 金メッキ 22.0~18.0
エレガンテ 11.0~4.0
エレガンテ・プリモ  10.0~3.0
ドルチェ・プリモ  6.0~2.5
ドルチェ PF-665  4.0~2.0
ブリランテ PF-525 2.0~1.0 
プレスト PF505  1.0~0.3
アルト PFA-201  12.0~9.0
アルト PFA-206 14.0~11.0 
バス FB-305  17.0~13.0

旧機種
器種 買取価格(単位:万円)
PF-771 5.0~3.0
PF-695 4.0~2.0
PF-675 3.0~1.5
PF-661 1.5~0.5
PF-521 1.5~0.5
PF-511 1.0~0.3
NC-96 0.5~0.1

パールフルート買取詳細

サンキョウ SANKYO

器種 買取価格(単位:万円)
Etude エチュード 6.5~1.0
Silver Sonic シルバーソニック 11.0~4.0
アーティスト Artist 15.0~6.0
ハンドメイド DT 18.0~12.0
セミハンドメイド(ドローン) 17.0~11.0
ハンドメイド ST
22.0~17.0
ハンドメイド(ソルダード) 21.0~16.0
Ag950 ハンドメイド ST 26.0~21.0
ピュアシルバー ハンドメイド ST 33.0~28.0

サンキョウフルート買取詳細

 マテキ MATEKI

器種 買取価格(単位:万円)
02 8.0~5.0
03 14.0~8.0
AG925 ドローン 17.0~6.0
AG925 ソルダード 20.0~14.0
AG943 ドローン 20.0~13.0
AG943 ソルダード 28.0~15.0
頭部管 AG925 3.0~1.5
頭部管 AG943 4.0~2.5
頭部管 AG900巻管 4.5~3.0
頭部管 AG943巻管 5.0~3.5
頭部管 AG990 6.5 ~4.5
頭部管 AG997  7.0~5.0

マテキフルート買取詳細

 アルタス Altus

器種 買取価格(単位:万円)
A807 4.0~1.5
A907 6.0~3.0
A1007 11.0~7.0
A1107 13.0~8.0
TS 15.0~9.0
A1207 16.0~10.0
A1307 17.0~11.0
A1407 25.0~20.0
A1507
27.0~21.0
A1607 28.0~22.0
PS 30.0 ~23.0
AL 32.0~24.0
GPT 32.0~25.0

アルタスフルート買取詳細

 イワオ Iwao

器種 買取価格(単位:万円)
IF-301 2.5~0.5
IF-302 7.0~4.0
IF-303 10.0~7.0
IF-S 15.0~12.0
IF-SS 17.0~14.0

イワオフルート買取詳細

 パウエル V.Q.Powell

器種 買取価格(単位:万円)
Handmade Fluteハンドメイド
ソルダード 総銀
58.0~28.0
Handmade Fluteハンドメイド
ドローン 総銀
45.0~25.0
Handmade Conservatory
コンセルヴァトリー 総銀
35.0~ 23.0
Signature シグネチャー 25.0~18.0
Handmade Wooden
木管フルート キー銀
 60.0~50.0
3100
40.0~30.0
2100 28.0~20.0
(上記のオーラマイト製、金製) ASK

パウエルフルート買取詳細

 ヘインズ WM.S.Haynes

器種 買取価格(単位:万円)
ハンドメイド 総銀 50.0~25.0
レギュラー 総銀 30.0~15.0
木管フルート グラナディラ製 45.0~30.0

ヘインズフルート買取詳細

 ブランネン  Brannen Bros

器種 買取価格(単位:万円)
ハンドメイド 総銀 ASK
クーパー 総銀 ASK
ミレニアム 総銀 ASK
(上記の金製など) ASK

ブランネンフルート買取詳細


頭部管

フルート頭部管買取詳細

相場表は作成時点での主なメーカー・器種の買取査定相場価格です。年式や状態、時期等により相場は変動します。また長年同じモデル名で販売されているものは査定の幅が大きくなっています。
H足部管付、彫刻などのオプション。特別仕様、選定証明書付などの場合は査定がアップします。
詳しくはwebフォームやお電話、LINEでお問い合わせください。

フルート買取の実績

最近実際に当店で買取させていただいたフルートの買取実績の一部

ムラマツフルートAD

ムラマツ 総銀 AD
16.3万円
出張買取
美品、多少の傷・変色
ヤマハフルートYFL-514

ヤマハ YFL-514
3.1万円
宅配買取
小さな凹み、変色あり
ムラマツフルートDS

ムラマツ 総銀 DS RC
26.5万円
出張買取
美品、磨き傷あり
サンキョウフルートエチュード

サンキョウ エチュード
5.8万円
宅配買取
メッキ浮き少々

 フォームで買取価格を調べる

電話で買取価格を調べる

 LINEで買取価格を調べる

フルートを高く売るコツ3選

フルートの汚れや変色を無くす

フルートの管体やキーは銀や銀メッキで仕上げられていることが多いです。銀は空気中やケース内の材質、皮脂などに微量に含まれる「硫黄」に反応し「硫化銀」となり銀特有の黒ずみが発生します。この黒ずみは査定時の大きなマイナスポイントになるので注意が必要です。
発生させない方法としては、演奏後はこまめに皮脂や水分を拭き取ります。シルバーガードを入れておくのもよいでしょう。
もし黒ずんでしまった場合でも、軽い場合はヤマハシルバーポリッシュで軽く磨くことで除去できます。それでも取れない頑固な黒ずみは市販のシルバークリーナーやコンパウンドを使って除去することができます。


ケースや付属品などの有無

他にケース外側や内部の汚れ、外張りの傷や剥がれ、フルートとの擦れでできた内張りのほころび等があります。
査定に出す際には、外側は中性洗剤で汚れを取り、内部はハケや掃除機でゴミや埃を取りましょう。またケース内外の傷はできる範囲で補修するとよいでしょう。
また、掃除棒やケースカバー、取扱説明書、保証書なども査定アップが見込めます。プロ奏者の「選定証明書」あると大幅査定アップとなります。
ケースやケースバッグ、特に「頭部管」は単体でも買取できるほどですので、査定が大幅アップします。


フルートの画像を撮って査定時に添付する

査定を行う際、フォームやお電話でも十分高額査定をお出しできますが、現物写真があるとスムーズに査定が行えるため、さらに査定額をアップすることが期待できます。
LINE査定やメールでフルートの写真をお送りください。特に査定のポイントを押さえた写真は効果的です。
LINE査定でフルートの写真を撮影するコツ

お客様の声

フルート買取させていただいたお客様のクチコミ

アルタスフルートをお売りいただいた方より

石川県・女性(2020年12月)
大変スピーディーなご対応に感謝しております。お送りしたフルートが楽器を大切にしてくださる方の元に届くことを願っております。どうぞよろしくお願い致します。ありがとうございました。


ミヤザワフルートをお売りいただいた方より

鹿児島県・女性(2020年6月)
早速お振込みのご連絡ありがとうございました。先ほど確認させていただきました。この度は迅速丁寧なお取引をありがとうございました。


フルートを購入していただいたお客様より

ミヤザワフルート

(2020年7月)
念願のマイフルートを手にして今まで以上に練習に取り組めています。今後予定している演奏会やコンクールなどが楽しみです。自分の好みの音でよく鳴ってくれます。顧問の先生にもよい楽器だと褒めていただきました。本当にありがとうございました。


パウエルフルート

大変希少な素晴らしい楽器でした。ずっと大事に使わせてもらいます。


フルート買取強化メーカー


フルート頭部管の買取

フルート本体買い替えなどによるフルート頭部管(ヘッドジョイント)のみの買取も行っております。
フルート頭部管買取

フルート器種確認方法

メーカーごとの機種や品番の調べ方

ヤマハフルートの器種刻印

ヤマハ

ヤマハは胴部管の上部、メーカー刻印の下あたりに器種の刻印があります。

ムラマツフルートの器種刻印

ムラマツ

ムラマツフルートはEX、GXの場合は胴部管上部に刻印がありますが、総銀製以上は器種の刻印が入りません。

ミヤザワフルートの器種刻印

ミヤザワ

ミヤザワの場合は胴部管の上部、メーカー刻印付近に器種・機種名の刻印があります。

サンキョウフルートの器種刻印

サンキョウ

ミヤザワの場合も、胴部管の上部付近に器種の刻印があります。

フルートの機種確認方法についてさらに詳しく読む

 

海外製のフルートは一部のものを除き、ほとんどの場合器種刻印がありません。このような場合は購入年や購入金額、素材表示などで判断できますので査定ご依頼時にお知らせください。
購入時の保証書や選定証明書、領収証などがあれば記載があるのでお手元にある場合は査定時時ご確認ください。
一部のメーカーでは持ち主の方が製造番号で問い合わせると、器種を教えてもらえる場合もあります。

どのようなフルートでも買取ります

コンディションに関するご質問

  • キーの動きが悪い、動かない、曲がっている。
  • 銀の表面が黒紫色に変色している。
  • メッキが剥がれたり」浮いたりしている。
  • 管にへこみや擦り傷がある。
  • タンポが破れている。茶色に変色している。
  • ジョイントが固くて入らない。または緩すぎてグラグラ。
  • 長年手入れしていないし、もう吹けないのでコンディションが確認できない。
  • 音がちゃんと出ないので故障があるかもしれない。修理・調整が必要。
  • とても使用感があり、見た目に古く感じる!

上記のようなコンディションでもそのままで買取可能です。

黒ずんだフルート

銀の黒ずみ

傷んだフルートのタンポ

タンポの傷み

キーの動きが悪いフルート

キーの動きが悪い

フルートを売る際に役立つ知識

フルートとは

 木管楽器の一種で、その中でもリードを使わないエアリード楽器である横笛の一つ。現在は殆どのものが金属(銀や洋銀)で作られ複雑に連結されたキーの操作によって音程を変えて演奏する。


フルートの歴史

フルートの成り立ちや、どのようにして現在のような形になったかなどの進化と改良の歴史を解説します。
フルートの歴史をさらに詳しく読む
 


フルートのお手入れ

演奏後

掃除棒にガーゼを通し内部の水分を拭き取る。

クリーニングペーパーで湿気や水分を吸い取る。

手垢やホコリをクロスやネルで拭き取る。

数ヶ月に一回

フルート専用のキイオイルを軸に少量差す。

半年~1年に一回

フルート技術者がいる楽器専門店で定期的にバランス調整を行う。

1年~数年に一回

フルート専門技術者にタンポ交換、バランス調整を行ってもらう。

フルートのお手入れについてさらに詳しく読む
 


フルートの材質

  • 洋銀製
  • 洋銀に銀メッキ
  • 銀製
  • 金製

フルートの材質についてさらに詳しく読む
 


おすすめのフルート買取店の選び方

 明確な査定価格の提示ができること。手放したフルートの行方のこと。大切な楽器を託すには楽器買取専門店がおススメです。