管楽器・金管楽器や木管楽器の表面仕上方法・種類・特性。銀メッキ・ラッカー・金メッキ・ノーラッカー・ニッケルメッキ・洋白など。


HOME > ご案内 > 管楽器の表面仕上げ方法

管楽器の表面仕上について

金・銀メッキ、ラッカーなど

管楽器の表面仕上の方法・種類・特性

金管楽器や木管楽器の表面仕上の方法や種類特性について説明いたします。銀メッキ・ラッカー・金メッキ・ノーラッカー・ゴールドラッカー・クリアラッカー・ニッケルメッキなど。

クリアラッカー仕上げ

クリアラッカーCL
真鍮地金を磨きその上から透明なラッカー(エポキシラッカーが多い)を吹き付け自然乾燥又は焼付け(強制乾燥)により乾燥・硬化させた塗装方法です。吹き付け自体は静電塗装という方法をとる場合もあります。ラッカーは地金に比べ柔らかいため地金の振動を伝えやすく、パワフルで音抜けがよく艶やかな音色といわれます。金色に見える金管楽器のほとんどはこの仕上げか下のゴールドラッカー仕上げです。手入れもしやすく耐久性もあるのですが、塗装の状態がイマイチの場合ラッカーの下の地金が変色してきたり、剥がれる場合があります。また、水分や汗を拭き取らないでおくとこれもラッカー剥がれや変色の原因になりますのでこまめに拭き取りましょう。


ゴールドラッカー仕上げ

ゴールドラッカーGL
上記のクリアラッカーに、金色や黄色・赤色系の塗料を混ぜて作られたラッカーです。特性はクリアラッカーとあまり変わりませんが、よりシャープで音の立ち上がりがよいといわれます。現在トランペットやサックス等はクリアラッカーよりもゴールドラッカーを使用している場合が多いようです。これは見た目が金メッキに近い色で豪華で華やかに見えるためでもあります。


ブラックラッカー仕上げ

ブラックラッカーBL
上記のクリアラッカーに、黒の塗料を混ぜて作られた塗料です。特性は上記とあまり変わりませんがやや華やかな感じになるようです。見た目にインパクトが強く、個性を出したい方向けです。見た目には下記のブラックニッケルメッキに似ています。


ノーラッカー/アンラッカー仕上げ

ノーラッカーUL
真鍮地金を磨いたままで何の塗装も行っていない状態です。最初はぴかぴかですが徐々に酸化皮膜に覆われてヴィンテージ感が出てきます。手の油や汗、手入れの仕方によりその表面状態は千差万別でまさに自分だけの楽器といった感じになります。水分や汗はこまめに拭き取り、研磨剤入りのポリッシュは使用しないことをお勧めします。クロスではなくガーゼの使用したほうがよいと思います。ホルンはノーラッカーの楽器が多くその他トランペットやサックスも使用する方がいらっしゃいます。特性としてはストレートに息が入り抵抗感も少なめなので表情をつけやすいことと、ラッカーなどに比べややダークで柔らかな深い響きと言われます。見た目には10円玉のような感じです。お手入れが難しく緑青が手に付くので、大人の方や楽器の扱いになれた上級者向けです。


銀メッキ仕上げ

銀メッキSP(シルバープレート)
真鍮を磨いたあと銀メッキを施したものです。銀メッキの前段階に銅メッキやニッケルメッキを行う場合もあるようです。主にトランペットやユーフォニアム・フルートに使用されることが多く、トロンボーン・ホルン・チューバ・サックスにも使用されることがあります。また、木管楽器のキーはほとんどの場合銀メッキです。ラッカーよりも厚さが薄いためにクリアで柔らかな音色になると言われています。やや抵抗感があるのでパワーが必要な場合があります。見た目には綺麗で、手入れもしやすく耐久性もあります。ただ、年月経過でメッキが点状や泡状に浮いてきたり、剥がれる場合があります。こちらもこまめに水分や汗は拭き取る必要があります。手入れせずに放置すると表面が黒く酸化してきますのでその場合はシルバーポリッシュで磨きます。色はニッケルメッキや洋白に似ていますがやや白っぽいのが特徴です。


金メッキ仕上げ

金メッキGP(ゴールドプレート)
上記銀メッキの代わりにに金を使用しメッキしたものです。一般的には銀メッキを施した上に薄く金メッキをかけるようです。見た目に非常に美しく華やかで豪華です。特質は銀メッキとやや似通っていますが、金属の密度が高いため鮮やかで華やか音も割れにくいなどの金メッキ特有の性質があります。こちらもラッカーに比べると抵抗感があるので上級者向けといわれます。金メッキは銀メッキに比べ膜が薄いためポリッシュを使うことは厳禁です。柔らかめのクロスで軽く拭いてください。見た目はラッカーやゴールドラッカーに似ていますが、より金に近い色で深く重厚で僅かに暗めの輝きです。こちらも放置していると黒ずみのような変色が現れるので、その場合のみシルバーポリッシュでごく軽く拭き取ります。使用されるのはごく一部のトランペットやサックス・フルート等で非常に高価になります。


ピンクゴールドメッキ仕上げ

ピンクゴールドメッキPGP(ピンクゴールドプレート)
上記金メッキの際に、金のほかに銅などを少量加えてメッキを行うとピンク色に近い金メッキに仕上がります。その含有率により、ピンクに非常に近くなったり金に近かったりとさまざまに変わります。銅が含まれているために金よりはやや柔らかめの音色になります。手入れの方法は金メッキと同じです。見た目にインパクトがあり女性に人気がありますが、高価になります。一部のサックスなどで使用されています。


プラチナメッキ仕上げ

プラチナメッキPTP(プラチナプレート)
プラチナをメッキしたものですが、非常に抵抗感が強くなるようで上級者や、パワーをかけたい方向けと言えます。フルートの一部で使用されていて、プラチナフルートに近い音色や吹奏感を得られるようです。非常に高価です。見た目にはニッケルメッキと似ていますが奥行き感や渋い輝きが半端ではありません。一見傷?に見えるような黒ずみ変色が現れることがありますが、軽く拭くだけで取れる場合がほとんどです。


ニッケルメッキ仕上げ

ニッケルメッキNP(ニッケルプレート)
安価なトランペットの塗装や木管楽器のキーの塗装によく使われます。また金管楽器の抜差し管などにも使われているようです。地金に直接ニッケルをメッキしたものです。奥行き感が少なく暗い輝きです。ややプラチナに似ていますが輝きに高級感があまり見られません。手入れを怠るとベロッとメッキがそのまま剥がれる場合があります。


ブラックニッケルメッキ仕上げ

ブラックニッケルメッキBNP(ブラックニッケルプレート)
ニッケルメッキの代わりにブラックニッケルをメッキするものです。ブラックニッケルとはニッケルとスズを混ぜたもので、見た目はいわゆるガンメタリックという色になります。その色合いも含有率により様々で白っぽいものから真っ黒に近いものまであります。インパクト大でユーフォニアムやサックスの一部で用いられます。ブラックラッカーと見分けがつけにくい場合があります。メッキのままの場合とクリアをコートしたものがあります。


洋白

洋白N
ホルンの中には洋白と呼ばれる金属(銅・亜鉛・ニッケルの合金)を使っている場合があり見た目には銀メッキとニッケルメッキの中間のような感じです。深く重厚な音色が特色で比較的鳴らしやすく感じます。洋白の場合はクリアラッカーを施してあるものと、洋白の地金そのままの場合があります。真鍮よりも耐久・耐腐食性がありますがこちらは変色せずに腐食したりするので、艶が無くなったりざらざらの感じになる場合があります。木管楽器のキーの材質や金管楽器のハンドガード、抜差し管、クランツ、プロテクターなどに使われたりもします。


サテンシルバー仕上げ

サテンシルバーSS
銀メッキの仕上時に砂を吹き付けたり、刷毛やスチールウールでこすったりしてつや消し状態にしたものです。特質は銀メッキとほとんど変わりませんが、見た目に渋い感じです。ただ、研磨剤入りポリッシュを使うと艶が出てきてマダラになってしまいます。また艶が出るのを恐れ全く拭かないと黒紫に変色して汚く見えます。このため現在はあまり使われていません。一部のサックス、ユーフォニアム、マウスピースなどで使用されているだけです。サテンの上からラッカーを拭きつけたポリッシュドサテン仕上げもあります。こちらはお手入れが簡単です。


その他

その他
ヴィンテージラッカー、赤ラッカー、青ラッカー、その他の色ラッカー、シャンパンゴールドメッキ、ホワイトゴールドメッキなどこの他にも色々な仕上げがあります。これらはごく少数派で、修理屋さんや工房のオプションや改造などで使われています。