トロンボーンの歴史

トロンボーンの歴史

トロンボーンの歴史

トロンボーンが現在の形になるまで

トロンボーンの発生は古くおよそ15世紀まで遡る。当時現れたトランペットの原型にスライドをつけたスライドトランペットが始まりと言われている。18世紀ころまではサックバットと呼ばれていた。形状も現在のトロンボーンとは大きさや長さ、管の巻き方も異なっていた。人間の声に近い音域での神聖な音色は特に教会で用いられることが多かった。その後軍楽隊などに広まり後にオーケストラ、そして吹奏楽で常用される楽器となった。そのため古いオーケストラ曲などでは出番が無かったり、極端に出番が少ない場合もある。またバルブが取り付けられるようになったのも比較的後年である。現在トロンボーンはテナートロンボーン、テナーバストロンボーン、バストロンボーンが主に使用されている。トロンボーンのバルブは構造上ロータリーバルブでは抵抗感の変化が大きいため、ハグマンバルブやアキシャルフローバルブ、フル・フローバルブ、ダブルハグマンバルブ、ダブルアキシャルフローバルブ、ロタックスバルブ、オープンフローバルブなど多くのバルブが開発され取り付けられるようになった。


 webフォームで買取価格を調べる

 電話で買取価格を調べる(24時間可)