トロンボーンの種類

トロンボーンの種類

トロンボーンの種類について

トロンボーンにはロータリーの数や管の太さにより主に4種類があります。

テナーバストロンボーン

トロンボーンと言えば、今はこのテナーバストロンボーンが一般的には多く普及しています。B♭調のテナートロンボーンにF調になる延長管を取り付け、ロータリーバルブで切り替えられるようにしたものです。このため幅広い音域で素早いスライディングが可能。早いパッセージにも対応しやすいです。ロータリーは1個。管の太さにより、細管、太管、中細管、デュアルボアがあります。細管は専用のマウスピースを使います。音色は明るく高音が出やすくテナートロンボーン寄りの楽器です。太管はバストロンボーンやユーフォニアムと同じサイズのマウスピースを使うことができます。音色は柔らかめで豊か、音量も出しやすいです。


テナートロンボーン

B♭調の一番シンプルなトロンボーンで、ロータリーは付いていません。明るく輝かしい音色のため、ソロ奏者やオーケストラや吹奏楽の1番奏者向きです。ジャズでもよく使用されます。一般的には細管の楽器が多いです。一見初心者向きのようですが、実際はテナーバスの方がおススメです。


バストロンボーン

トロンボーンセクションの中でも最も低音域を担当する楽器です。ロータリーは一般的には2個付きB♭/Fの他にもD/G♭/E♭調などにも切り替えられるようにしたものです。管の太さだけでなく、ベルもテナーバスに比べかなり大型になっています。オーケストラや吹奏楽ではチューバのように重低音域で大変活躍します。


アルトトロンボーン

一般的にはあまり使われない楽器です。テナートロンボーンよりも小型でさらに高音域を出せる楽器で、古典音楽や宗教音楽などかなり古い時代の楽曲を演奏するときに用いられることが多いです。


 webフォームで買取価格を調べる

 電話で買取価格を調べる(24時間可)