バイオリン弓買取

バイオリン弓の買取

 webフォームで買取価格を調べる

 電話で買取価格を調べる(24時間可)

どのようなバイオリン弓でも買取ります。

バイオリン弓買取対象メーカー例

買取できるメーカーの一例です。どのようなメーカーのどのようなモデルでも買取可能です。
リストに無い場合でも、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • Archet(アルシェ)
  • P.Guillaume(ギョーム)
  • jean-luc TAUZIEDE(ジャン・リュック)
  • Coda Bow(コーダ・ボウ)
  • J.P.Bernard(ベルナルド)
  • Steffen Kuhnla(ステフェン・クンラ)
  • Schiker(シッカー)
  • Jens Paulus(パウルス)
  • P.Hoyer(ホイヤー)
  • R.Paesold(ペソルド)
  • TAKASU(タカス)
  • Finkel(フィンケル)
  • Seifert(ザイフェルト)
  • J.P.Gabriel(ガブリエル)
  • Sugito(杉藤)

その他国内外の有名メーカー、個人製作家・工房などどのようなメーカー、機種でも買い取り可能です。
ただし、低価格のバイオリン弓・分数弓など廉価な弓の一部は買取対象外の場合がございます。ご容赦くださいませ。

選べる3つの買取方法

各コースのご紹介
宅配買取は自宅で梱包し発送するだけ。全国対応です。
 

宅配買取

自宅で梱包し発送するだけ。送料など全て無料。最短3日でご入金。全国対応。
出張買取はご自宅へ伺い即金支払。
 

出張買取

ご自宅で買取。出張費無料。大型楽器もOK。即現金支払い。可否エリアあり。
店頭買取は当店工房・事務所にお持ち込み頂くだけ。即金支払い。
 

店頭買取

当店の工房・店舗に直接お持ち込みいただくだけ。その場で即現金お支払い。 

最短3日で入金完了

おススメの買取り方法です。

 
宅配買取ながれ。事前査定、買取キット発送、銀行振込。

 
宅配買取は全国対応です!買取キットが届くので商品を梱包して送料着払いで送るだけ。到着次第確認してお振込みいたします。ご負担無しの全て無料! 買取キットとは?

最短当日お支払い

最もスピーディでカンタン。(エリアにより不可の場合あり)
 
出張買取のながれ。事前査定、無料出張、現金支払。

 
出張買取可能エリアであれば、大型楽器でも可能なおすすめ。出張費無料でお伺い致します。ご指定の日時をお打ち合わせし、当日楽器を確認して現金をお支払い!

最短当日お支払い

買取店へご来店いただく安心の買取方法です。
 
店頭買取のながれ。事前査定、ご来店、現金支払。

 
査定額にご満足いただければ、ご来店日時を予約後ご来店ください。工房・事務所・店舗買取になります。当日楽器を確認して現金をお支払い!

 webフォームで買取価格を調べる

 電話で買取価格を調べる(24時間可)

どのような状態のバイオリン弓でも買取ります!

以下のような状態でも買取可能です。まずはお気軽に無料査定へお申し込みください!

  • 弓毛が切れていてボロボロだ。買取できる?
  • ラッピングが剥がれている!磨り減っている!
  • 銀糸がほつれている。切れている。
  • バイオリン弓のサムグリップが磨耗している。
  • チップが欠けている、割れている。買取可能?
  • スクリューなど金属部分に変色がある。
  • 汚れがひどいがクリーニングして売るのは面倒。
  • とても使用感があり、見た目に古く感じる!
  • もらい物のバイオリン弓なので価値がわからない。買取できる?
バイオリン弓のフロッグ

フロッグ

バイオリン弓のチップ

チップ

バイオリン弓の刻印

刻印

バイオリン弓のラッピングと銀糸

ラッピング、銀糸

バイオリン弓のスクリュー

スクリュー

バイオリン弓査定ご依頼時の機種確認方法

メーカーや機種がわからない場合は以下のように楽器の詳細をお調べください。

  • バイオリン弓の場合はスティックの下部、サムグリップの下あたりに刻印があります。小さいので見づらいですがここにメーカー名が入っていますのでこちらの文字をお知らせください。中には読む方向が違う場合もありますので上下を変えて読んでみてください。
  • メーカー名の前後にはメーカーにより「*」印が刻印されている場合があります。これはグレードをあらわしている場合もありますので、こちらもあればお知らせください。
  • フロッグ(持ち手の毛箱)は殆どの場合エボニー(黒い木材)でできていますが、中にはべっ甲などで作られているものもあります。このような場合もお知らせくださいませ。
  • フロッグにアイ(丸い装飾)が入っていればそれもお知らせいただけると助かります。
  • その他ラッピングや銀糸、サムグリップ、アイ、装飾など一般的な形状や材質ではない場合もお知らせください。
  • スティックがカーボン弓も買取可能です。カーボン弓とお知らせください。
  • 保証書や領収書・選定書などがあればそれに機種の表示があります。
  • 購入時期や購入金額なども合わせてお知らせください。
  • 刻印が全く無い(メーカー不明)のものや、安価なモデルは買取できない場合がございます。ご容赦くださいませ。

バイオリンの弓とは

バイリン弓の歴史

バイオリンの弓は18世紀イタリア・クレモナでストラディバリやグァルネリが名器を生み出していた頃、まだ楽器の付属品として製作されていました。やがて19世紀になりパガニーニなど名手が登場します。その頃クラシック音楽は狭い宮廷音楽の舞台から飛び出し、大きなホールで市民も楽しむようになりました。そのため名器の性能を最大限に引き出し、ホールの奥まで響き渡る十分な音量を得るため、弓には多くの改良が加えられました。材質には今は当たり前になった「フェルナンブーコ」を用いたり、フロッグやスクリューなど現在の形状になり、重量もおよそに60gに設定されました。そして現在、弓は単なる付属品ではなく楽器の一部として認識され、弓製作専門の職人により名弓とよばれる素晴らしい弓も作られるようになりました。


どうしてフェルナンブーコを使うのか

フェルナンブーコはブラジル原産のマメ 科の常緑高木(ブラジルボクとも言われる)。特にブラジル東部のペルナンブーコ 州の材木が最も優れていると言われ最高級品となった。特に弾性、耐久性、杢の美しさが優れており、弓作 りに最も適した材料と言われている。フェルナンブーコ以外に安価なブラジルウッドを使う場合もある。最近は新素材カーボンを使う需要も増えている。


フロッグの材料

フロッグの材料は主に黒檀。これは東南アジアのものが良質とされている。他に安価なものはプラスチックや樹脂製。凝った材質では非常に高価な鼈甲や琥珀も使用される場合がある。


フロッグの装飾の材料

フロッグの 装飾(アイなど)に使われる貝は日本の トコブシやアワビが有名でパールやアバロン貝も使われる。安価なモデルはプラスチックの場合もある。


弓毛の材料

弓毛に 使われる馬毛はカナダ産が高級とされる。白毛と黒毛があり、白毛は繊細な音、黒毛は強い音と評される。


ラッピングの材料

ラッピングの銀糸(絹糸に細い銀を巻きつけた もの) は本場フランスから。その他金糸、銀線、鯨ひげ、シルクなど。日本の高度な製糸技術で作られたものや工芸品にも使う高級品を使うこともあります。


サムグリップの材料

持ち手の重要部分サムグリップにはトカゲがよいとされ、その他にはトカゲのイミテーション、牛革、レザー、ゴートシュリンク、シープ、ヨーギンなども使われます。