落合マンドリンの歴史

落合 マンドリンの歴史

 

落合マンドリンの歴史

 先代の落合忠男氏がエンベルガーのマンドリンを解体研究しその成果をもとににして作成を始めた。さらにカラーチェやマリオ・マチョッキのマンドリンも解体研究したそうである。その努力に対し海外の著名演奏家も積極的にアドバイスを行い、落合マンドリンは品質・設計・材質の研究改良を行い洗練されていった。その後は周知の通り、日本の有名演奏家はもとより世界の名だたる演奏家が落合氏作のマンドリンを使用し演奏活動を行っている。日本国内にも落合氏のマンドリンを手本に製作を行っている製作家は数多い。1993年ごろからは当代の落合大五郎氏に引き継がれさらに磨きがかかったマンドリンを丹念に製作してる。

 webフォームで買取価格を調べる

 電話で買取価格を調べる(24時間可)