フルートのお手入れ方法

フルートのお手入れ方法
 

フルートの調整についてもっと知りたい方に

フルートのお手入れやクリーニング

お手入れのペース

演奏後

演奏後のフルートは内部に水滴が付着。変色や錆の原因となる。特に冬場は付きやすい。

掃除棒にガーゼを通し内部の水分を拭き取る。

タンポの水分はベタつきやカビ、破れなどの原因となる。

クリーニングペーパーで湿気や水分を吸い取る。

表面の皮脂やホコリは変色やメッキ剝れ、メカの摩耗のによる不具合の原因となる。

クロスやネルで拭き取る。細かな部分のホコリは筆やエアーがよい。

頭部管の反射板の位置の確認。

掃除法の目印の位置が真ん中にあるか確認する。ずれている場合は調整する。

数ヶ月に一回

フルートのメカにサビやホコリなどがあると摩耗してしまう。

フルート専用のキイオイルを軸に少量差す。

グリスや酷いオイル汚れがあると、ごみやホコリを固着させ様々な不具合を起こす可能性がある。

ジッポオイルなどのベンジン類をクロスに少量付け拭きとるとよい。

半年~1年に一回

頻繁に使っているとキーやタンポの閉まり具合が大きく変化してしまう

フルート専門技術者(リペアマン)がいる楽器専門店で定期的にバランス調整などを行う。

1年~数年に一回

長期間使っていると、タンポが傷んで破れたり変形してしまう。キーの曲がりや回転不良など調整レベルではよい状態に戻らない場合も多い。

フルート専門技術者にタンポ交換、バランス調整などを行ってもらう。

10年単位

管のヘコミや曲がり、タンポやキーの不良などが頻発し演奏に集中できなくなる。

こういう場合はオーバーホールを行うとよい。新品時に近いコンディションに戻る。

数十年単位

オーバーホールや調整の頻度が多くなるとコストがかさんでくる。

フルートの買い替えも一つの選択肢。買取や下取り。

 webフォームで買取価格を調べる

 電話で買取価格を調べる(24時間可)