フルートの材質

フルートの材質
 

フルートの材質のことをもっと知りたい方に

フルートの材質概要

フルートの素材は普及品には銅とニッケルの合金である洋銀(German Silver)、もしくは洋銀に銀メッキを施したものがよく使われる、次いでリッププレートのみ銀製、頭部管のみ銀製、管体が銀製、そして総銀製へと段階的にグレードアップする。さらに高級品には金銀重層(オーラマイト)、金製(9K、14K、18K、24K)やプラチナのものもある。グラナディラ製の木管フルートは最近人気が高まってきている。


フルート材質による特徴

洋銀

明るく澄んだ音色。素材の硬度が高く耐久性も高い。地金の場合は変色や特有の模様が出る場合があるが、最近は銀メッキを施されているためコストパフォーマンス高い。

銀製

柔らかく暖かでしかも澄んだ音色。他の楽器と溶け合いやすい豊かな響き。

金製

少し硬めの音で、芯のあるしっかりした音。艶があり個性豊かな演奏が可能。遠鳴りがよくする。

その他の合金

合金はそれぞれの元の材質の特徴を併せ持つ。

グラナディラ

非常に暖かく柔らかなナチュラルな音色。他の管楽器類と最もよく溶け合う。

フルートの材質がわからない場合の確認方法や特徴。

洋銀

銀に比べて硬いので爪で弾いたときにチーンと鳴る。

銀製に比べて鈍く暗い輝き。

地金は特有の模様が現れる場合がある。(大理石のような模様)

洋銀銀メッキ

銀に比べて硬いので爪で弾いたときにチーンと鳴る。

銀製のものと輝きはほぼ同じ。白っぽく明るい輝き。

銀製

昔は銀地金が多いが、今は銀メッキを施したものがほとんど。

洋銀に比べて柔らかいため爪で弾くと鈍くコツンという音。

白っぽく明るい輝き。銀地金のものは黒ずみ(硫化銀)が起こりやすい。

どこかにsilver、sterling、AGなどの刻印があるものが多い。

合金、重層

パウエルのオーラマイトのように金と銀の重層の素材もある。

グラナディラ

ピッコロに使われている黒く硬い木材。木管フルートに使用される。

手入れや、メンテナンスが金属管とは違うので注意して扱う。

金製、プラチナなど

どこかに14K、Ptなどの刻印があるものが多い。

表面の変色は少ないが、僅かに黒ずみが出る。極細のポリッシュで軽く磨く。

その他の素材

頭部管内やキーのクッション部分に使われるコルクや、フェルト。ネジやバネシャフトの軸などは強度確保のため鋼でできている。
タンポ内部はフェルトで表面をフィッシュスキンで覆っています。フィッシュスキンは以前は魚の浮き袋で作られていましたが、現在は羊、豚などの腸から作られています。

 webフォームで買取価格を調べる

 電話で買取価格を調べる(24時間可)