フルートのトーンホールの種類

フルートのトーンホールの種類
 

フルートのトーンホールことをもっと知りたい方に

トーンホールの大きさ

フルートの管には13個の大きなトーンホール(直径13~14mm)と小さなトーンホール(直径6~8mm)が開けられています。トーンホール部分の作り方には2種類あります。


ドローントーンホールと、ソルダードトーンホールの違いや特徴。

ドローントーンホール

トーンホールを打ち抜き引き上げし、先端を丸めて作る。(ドローンアンドロール)

手間がかからないため、比較的安価なモデルに採用されている。

明るく軽めの音色。重量も軽いため構えやすい。

メーカーによりセミハンドメイド・レギュラー・スタンダード・コマーシャルというモデル名。

ソルダードトーンホール

管とは別にトーンホールのパーツを製作し、ハンダ付けして作る。

手間がかかるため、高価なモデルに採用されている。

芯のある深い響き。遠鳴りする音色。

メーカーにより、ハンドメイドモデルと呼ばれる場合があるが、ハンドメイドでもドローンの場合がある

彫り込み、彫り出し成形

木管フルートのグラナディラの場合は、ピッコロと同じように管を削ってトーンホールを成形する。

 webフォームで買取価格を調べる

 電話で買取価格を調べる(24時間可)