フルートの管厚

フルートの管厚
 

フルートの管厚のことをもっと知りたい方に

フルートの管の厚さに違いや特徴。

洋銀製フルート

管厚はメーカーや機種により、0.4mm~0.5mm

響き自体は銀製のものに比べても劣らない。

材料費が安いため安価な普及モデルに使用される。

洋銀は硬いため手の込んだ高級機種は現在ほぼ作られていない。

銀製フルート

管厚はメーカーや機種により、0.35mm~0.5mm

0.38mmの管(標準管厚)が多い。暖かく豊かな最も銀製らしい音色。

0.35mmの管(ライトウエイト)鳴らしやすく響きのポイントも広い。

0.43mmの管(ヘビーウエイト)ダーク系で深い響き。パワーがある奏者は表現の幅が大きく拡がる。

0.5mmも選択できるメーカーや器種がある。

一般的にアメリカ系は薄め、ヨーロッパは厚めを好む傾向がある。

金製フルート

0.3mm程度が標準で最も金製らしい音色。

0.35mmほどのヘビー管もあるが、傾向は銀製のものと同様にパワー系の奏者向き。

グラナディラ製フルート

メーカーや機種により3.0mm~4.2mm程。

 webフォームで買取価格を調べる

 電話で買取価格を調べる(24時間可)