オーボエの歴史

オーボエの歴史
 

オーボエの成り立ちと歴史

コンセルヴァトワール式

 オーボエの原型は中東で発生したシャルマイやジャウムという楽器と言われている。木製の本体にはキーは無く、数個の穴が開いた程度の簡素で短い楽器であった。このシャルマイはその後インドや中国を経由して日本にはチャルメラとして伝わった。それとは別にヨーロッパに伝わったシャルマイは、15~16世紀にフランスで改良され現在のオーボエに近い形状になったが、まだキーは搭載されていなかった。18世紀になりキーの数が2鍵のものから徐々に10鍵程度のものまで発展していった。1800年代になりパリ音楽院の教授陣やや楽器製作者トリエベールにより、コンセルヴァトワール式のオーボエが開発された。このシステムは瞬く間にドイツなどヨーロッパに広がり、多少の改良は加えられながら、現在最も普及しているのオーボエのシステムになった。


ウィーン式(ウィンナオーボエ)

ウィーン国立音楽院の教授であったウンデラーはパリ音楽院のコンセルヴァトワール式に疑問を持ちそれ以前の、原型に近い音色と形状を持ったジャーマン式オーボエを改良し、独自のシステムを開発した。この独特な音色のオーボエは音色重視のため運指が非常に難しく、プロのオーケストラではウィーンフィル、ウィーン交響楽団などごく限られたオーケストラのみで常用されている。


ジャーマン式(ドイツ式)

ジャーマン式オーボエは、かつてドイツで作られていたシステムのオーボエである。メーニッヒなどハンドメイドで非常に質がよいメーカーもあり、世界的にも普及し多くのプロ奏者も使用しているオーボエだった。しかし楽器の一大生産地のマルキノキルヒェンが第2次大戦後東ドイツに属したことで、社会主義体制のもと大量生産工場制を強いられたため品質が落ちた。そのため使う奏者が減り、かつコンセルヴァトワール式の台頭で一気にすたれてしまった。


 webフォームで買取価格を調べる

 電話で買取価格を調べる(24時間可)