サックスの歴史

サックスの歴史
 

サックスの成り立ちと歴史

1840年代ベルギー人アドルフ・サックスによって考案されました。1846年に特許を取得しています。木管楽器に分類されますが、金管楽器と同じ材質(真鍮)で造られているため両者の特徴を併せ持っています。木管楽器のテクニカル的な演奏と柔軟な操作性。金管楽器のパワフルなサウンドと輝かしい音色などです。
その性質からサックスはクラシック音楽のみならず、早くからジャズの重要な位置を占める楽器として使用されています。
また吹奏楽では無くてはならない存在で、ソプラノ・アルト・テナー・バリトンの4種類のサックスを想定してほとんどの楽曲が作曲されています。
クラシック音楽でも近年の大作曲家がサクソフォンを取り入れた楽曲をたくさん作曲しています。ラヴェル作曲【ボレロ】、ハチャトゥリアン【ガイーヌ】、ガーシュイン【ラプソディー・イン・ブルー】などにはサックスの見せ場が多くあります。

 

 webフォームで買取価格を調べる

 電話で買取価格を調べる(24時間可)