トランペットの材質

トランペットの材質

 

 トランペットの材質の種類

材質の概要

トランペットは他の金管楽器と同じく真鍮と呼ばれる銅と亜鉛の合金から作られます。真鍮はブラスとも呼ばれブラスバンドの語源になっています。金属加工が容易で金色に光り輝くため、楽器や装飾品の材料としてよく使われています。
また、合金の比率により、銅70%:亜鉛30%はイエローブラス、銅85%:亜鉛15%をゴールドブラスと区別している場合もあります。
、明るく、張りのある音色。銅85%+亜鉛15%のゴールドブラスは、幅のある豊かな音色です。

材質による音色の違いや組成の差、見分け方

銀メッキなどメッキ仕上げの楽器の場合は判断が難しいです。カタログの仕様などで確認すると確実です。

イエローブラス

銅70%:亜鉛30%

ゴールドブラスに比べて黄色がかっている。一般的な金色に近い。

明るくクリアな音色。

ゴールドブラス

銅85%:亜鉛15%

イエローブラスに比べて少し暗く、赤みがかっている。温かみのある金色。

暖かみのある豊かな音色。

レッドブラス

銅90%:亜鉛10%

ゴールドブラスと比べて赤みがかっている。イエローブラスと比べるとかなり赤く見える。

暖かくしっとり丸い音色。

最近の楽器ではあまり使用されていない。

洋白

真鍮にニッケルを加えた合金。硬く銀色。

安価なトランペット本体の材質に使われる。

一般のトランペットでも、強度が必要なスライド部分やピストンなどに使用されている。

 webフォームで買取価格を調べる

 電話で買取価格を調べる(24時間可)