トランペットの調整

トランペットの調整

 

トランペットのことをもっと知りたい方に

トランペットの調整、お手入れ、クリーニング

トランペットのコンディションが悪い場合の原因と対策。

音が全く出ない。

ピストンの向きが違っている可能性がある。

ピストンの向きを直す。ヤマハなど一般的にはピストン番号の刻印が手前。

物がベル内、管内に詰まっている。

抜けるスライド部分を抜いて確認。取れそうなら慎重に。

取れないものや原因がわからない場合は、専門店に診てもらう。

音階にならない。音が変わらない。

ピストンの向きや位置が間違っている場合がある。

ピストンの向きや位置を直す。手前から順に1番、2番、3番。

抜き差し管の入れ方が間違っている、2番ピストンが一番短く、3番が一番長い。

ピストンが動かない

サビや付着物などにより固着している。又はピストンやバルブケーシングに曲がりがある。

自分で直そうとしない。トランペット修理技術者に診てもらう。

スライドが動かない

サビや固化したグリスなどにより固着している。

少し強めに引っ張ってみる(強すぎない)。

バルブオイルを隙間に注油してから行う。

ドライヤで一旦固着部分を温めてから引っ張る。(バーナーは素人が使うとハンダ外れが発生する恐れがあるため、使ってはいけない。)

それでもだめなら専門店へ。

ヘコミがある

物が当たったり、落としたりでできたヘコミ。

自分で直そうとすると表面を傷めたり、逆に酷くなるので専門家に任す。

変色がある

銀メッキの黒ずみは硫化銀。

シルバーポリッシュとクロスで磨く。

ラッカー剥がれの場所やノーラッカーの場合は酸化被膜や緑青などが発生している。

メタルポリッシュとクロスで磨く。酷い場合は専門店で磨いてもらえる。

サビがある

その他金属部分にサビがある場合。

メタルポリッシュなどで磨く。

市販のさび落とし剤が有効な場合もある。(部分的に試してから使用する)

つば抜き(ウォーターキー)から息が漏れる。

ウォーターキーゴムやコルクがヘタっている。もしくは無い。

ゴムやコルクを交換する。専門家に任せてもよいが自分でも可能。

ウォーターキーのバネが腐食して折れている。又はヘタっている。

バネを交換する。周りに傷をつける恐れがあるので、専門家に任せたほうが確実。 

 webフォームで買取価格を調べる

 電話で買取価格を調べる(24時間可)