クラリネット買取

クラリネット買取

クラリネットの買取価格表

クッリネットの査定を申し込む前、買取相場を知りたい方に分かりやすいクラリネット買取相場の一覧を掲載しました。これは当店が実際に査定する際に使用している相場表で、クラリネットのメーカーごとに査定相場を確認できます。
クラリネットの買取価格が高いお店を見分けるためにも、事前に相場を知っておくことは大切です。
実際の買取実績やお客様の声ともご参考にしてください。
正確な査定価格を知りたい方は、査定フォーム、お電話、LINEでお問い合わせください。

買取強化メーカー

クランポン Buffet Crampon

器種 買取価格(単位:万円)
B♭クラリネット  
トスカ Tosca 32.0~22.0
フェスティバル Festival 25.0~15.0
プレスティージュ Prestige 25.0~15.0
RC 15.0~5.0
R-13 13.0~3.0
C-13 7.0~1.5
E-13 4.0~1.0
E-12 3.5~0.5
E-11 2.0~0.3
B-10 1.5~0.2

クランポンクラリネット買取詳細

ヤマハ YAMAHA

器種 買取価格(単位:万円)
B♭クラリネット  
YCL-SE Vmaster 13.0~7.0
YCL-CS-Vmaster 12.5~6.5
YCL-853 IIV SE-V 10.0~4.0
YCL-852 IIV CS-V 9.5~4.5
YCL-853 II SE 9.0~3.0
YCL-851 II CX 8.0~2.5
YCL-650 5.0~1.0
YCL-450 4.0~0.5
YCL-255 2.0~0.3

ヤマハクラリネット買取詳細

セルマー SELMER

器種 買取価格(単位:万円)
B♭クラリネット  
プリヴィレッジ Privilege 20.0~13.0
シグネチャー Signature 18.0~10.0
レシタル Recital 20.0~10.0
サンルイ Saint Louis 16.0~10.0 
アルテア Arther 12.0~6.0 
プレザンス Presence 11.0~5.0
オデッセイ Odyssee 9.0~3.0 
プロローグ Prologue 6.0~2.5
10S 5.0~1.0
10G 8.0~3.0

セルマークラリネット買取詳細

ハンマーシュミット Hammerschmidt

器種 買取価格(単位:万円)
ボエム式 B♭  
OH-460 14.0~7.0
   
エーラー式 B♭  
OH-160 12.0~5.0 

ハンマーシュミットクラリネット買取詳細

パトリコラ Paricola

器種 買取価格(単位:万円)
 B♭  
CL-3G(グラナディラ) 18.0~8.0
CL-3B(ブビンガ) 19.0~9.0
CL-2G(グラナディラ)  17.0~7.0
CL-2B(ブビンガ)  18.0~8.0

パトリコラクラリネット買取詳細

相場表は作成時点での主なメーカー・器種の買取査定相場価格です。年式や状態、時期等により相場は変動します。
長年同じモデル名で販売されているものは、年式により査定の幅が大きくなっています。
他メーカー・器種ももちろん高価買取致します。
特別仕様、選定証明書付などの場合は査定がアップします。
詳しくはwebフォームやお電話でお問い合わせください。

クラリネット買取の実績

最近実際に当店で買取させていただいたクラリネットの買取実績の一部

クランポンクラリネットR-13

クランポンR-13 B♭
8.5万円
宅配買取
美品、メッキ剝れ有
ヤマハクラリネットYCL-650

ヤマハ YCL-650
2.5万円
宅配買取
タンポ変色あり
クランポンクラリネットE-13

クランポンE-13
5.5 万円
出張買取
良品、やや擦り傷
ヤマハクラリネット SEカスタム

ヤマハ YCL-853II SE
5.6万円
宅配買取
美品、未調整

クラリネットを高く売るコツ3選

キーの変色や管の汚れを無くす

クラリネットのキーは殆どが銀メッキ仕上げになっています。その銀は空気中やケース内の材質、皮脂などに微量に含まれる「硫黄」に反応し「硫化銀」となり銀特有の黒ずみが発生します。この黒ずみは査定時の大きなマイナスポイントになるので注意が必要です。
発生させない方法としては、演奏後はこまめに皮脂や水分を拭き取ります。シルバーガードを入れておくのもよいでしょう。
もし黒ずんでしまった場合でも、軽い場合はヤマハシルバーポリッシュで軽く磨くことで除去できます。それでも取れない頑固な黒ずみは市販のシルバークリーナーやコンパウンドを使って除去することができます。
クラリネットの管やキーに付いた汚れは柔らかく乾いたクロスで拭き取ります。


管の割れが発生しないようにする

クラリネットの材質は主にグラナディラという木材が使われています。このグラナディラは非常に硬く湿気にも強い性質がありますが、水分が付着したままにしたり、急激な温度差や過乾燥による割れが発生することがあります。割れは査定時の大きなマイナス要因になるため、日々のお手入れが重要です。楽器が冷えているときは演奏前に手でゆっくり楽器を温めてから演奏したり、演奏後はしっかり水分を拭き取る。車内に放置しないなど気を付けましょう。
万が一発生した場合は、管楽器修理店で割れ修理をしてもらってから買取に出すほうが結果的にはお得になる場合もあります。


ケースや付属品、リード製作の工具などの有無

ケース外側や内部の汚れ、外張りの傷や剥がれ、クラリネットとの擦れでできた内張りのほころび等があります。
査定に出す際には、外側は中性洗剤で汚れを取り、内部はハケや掃除機でゴミや埃を取りましょう。またケース内外の傷はできる範囲で補修するとよいでしょう。
また、ケースカバー、取扱説明書、保証書なども査定アップが見込めます。プロ奏者の「選定証明書」あると大幅査定アップとなります。
他にケースやケースバッグ、特に別で買った高級マウスピース、リガチャーやクリスタルマウスピースなどは単体でも買取できるほどなので査定が大幅アップします。

 フォームで買取価格を調べる

電話で買取価格を調べる

 LINEで買取価格を調べる

クラリネットを高く売るならシナリッシュへ

クラリネット売却を考え始めたら

クラリネットは吹奏楽の中でも、主にメロディーを担当する重要な役割の楽器で人気も高く、人数も大勢必要です。しかしクラリネットは管体の材料に希少なグラナディラを使用しているため新品だと高価です。そのため中古クラリネットの需要はとても多くなっています。クラリネットの買取相場は新しいものほど高いため、「もう使わないので売ろうかな...」と考え始めたらシナリッシュへご相談ください。


大切なクラリネットの高価買取査定

クラリネットの査定を行う当店のスタッフは、全員楽器メーカー出身の楽器技術者で、アマチュア楽器奏者です。今も仲間とともにアンサンブルやコンサートなどを楽しんでいます。そのため誰よりも楽器や商品を大切にし、買取金額にも自信を持っています。楽器は学生時代や演奏していた頃の思い出が詰まった大切な品物です。ぜひ私たちにおまかせ下さい!

お客様の声

クラリネットを買取させていただいたお客様より

クランポンクラリネットをお売りいただいた方より

この度はクラリネットを買取して頂きありがとうございました。学生時代に購入し計5年間使いましたが、状態は良いほうだと思います。なにぶんもう演奏できないので確認はできませんでしたが、それでも買取可能とのこと助かりました。メルカリで売ることも考えましたが、色々トラブルがあったと友人から聞いたのでプロの方にお世話になることにしました。ありがとうございました。


ヤマハクラリネットをお売りいただいた方より

ひとまずいくらになるか問い合わせただけでしたが、学生時代のサークルの話で盛り上がり信頼のおける業者さんと判ったのでそのまま買取お願いしました。実際のお取引自体は問合せ日を含めても3日間と大変スムーズで助かりました。今後も何かありましたら宜しくお願い致します。


クラリネットを購入していただいたお客様より

ヤマハクラリネットをご購入いただいた方より

担当者の方も吹奏楽に所属していた楽器技術者ということで信頼して購入することができました。現在コロナのせいでなかなか仲間と集まり演奏することはできませんが、その分地道に個人練習に励みます。防音の練習室も紹介していただきありがとうございました。


クランポンクラリネットを購入していただいた方より

ヤマハからのい買い替えに親身になって相談に乗っていただきありがとうございました。おかげさまで状態の良いクランポンクラリネットを手にできました。今も週2~3日は練習頑張っています。ありがとうございました。


クラリネットメーカー一覧

買取強化メーカー

クランポン/Buffet Crampon

世界中でアマチュアからトッププロまで使用されている、クラリネットのスタンダード。

ヤマハ/YAMAHA

総合楽器メーカー。クラリネットも評価が高くカスタムシリーズはプロも使用。非常に扱いやすい。
ヤマハバスクラリネット買取はこちら

セルマー/Selmer

世界のトップブランドのひとつ。海外では特に人気が高い。プロ奏者も愛用者が多い。

オットマー・ハンマーシュミット/O.Hammerschmidt

オーストリアのメーカー。エラー式のモデルを製造し今も伝統を守り続けている。

ヴーリッツァー/Herbert Wurlitzer

エーラー式のメーカーとして有名。1本1本非常に精巧に作られている。

パトリコラ/Fratelli Patricola

イタリアのメーカー。近年人気が急上昇。ローズウッドのインパクトのあるモデルが有名。

ロッシ/L.ROSSI

チリにあるメーカー。非常に高価なオーダーメイド楽器。ヨーロッパでは特に支持されている。

イオ/iO

イオ
コストパフォーマンスの高い、質のよい製品を作っている。台湾のメーカー。

ヴォルフガング・ディーツ/WOLFGANG DIETZ

元ヴーリッツァーの職人、ウォルフガング・ディーツ氏の工房。ドイツやウィーンのプロ奏者も使用している。

シュヴェンク&セゲルケ/SCHWENK&SEGGELKE

バンベルクにある工房。古楽器の製作でも有名。ヨーロッパのみならず日本でも支持者が増えている。

ライトナー&クラウス/LEITNER&KRAUS

ライトナー氏とクラウス氏は、ヴーリツァーの元職人で、1993年に独立。ハンドメイド高級エーラー式クラリネット。

ルブラン/Leblanc

フランス老舗メーカーとして、クランポンやセルマーと並び人気が高い。日本では知名度も高く愛用者も多い。

その他のメーカー

アマティ/Amati、チェロアンドクー/Cello&Coo、ジュピター/JUPITER、マックストーン/Maxtone、J.マイケル/J.Michael、ガオズ・ロイヤル・ミュージカル・コレクション/GAO'S Royal Musical Collection、ヴェロワ/Valoir、エッペルスハイム/Eppelsheim、管楽器修理センター、ゼフ/zeff、ブラスパイアユニコーン/Brasspire Unicorn、マルカート/MARCATO、バックーン/Bacun Musical Services、ヨーゼフ/JOSEF、F.A.ユーベル/F.Arthur Uebel、ロッシ/L.ROSSI、プレイテック/PLAYTECH、リパ/Ripaなど、全てのクラリネットメーカー、工房等も買取できるクラリネット買取屋さんです。お気軽に無料査定にお申し込みください。

クラリネットの器種確認方法

器種・品番確認のポイント

  • 管の上部にや裏側に刻印や金文字があります。
  • ヤマハの場合は管の上部にある場合が多く、YCL-●●●などの刻印があります。多くの場合はYCLが省略されて●●●というふうに数字だけ刻印されています。また、機種のほかにCXやSEなどのモデル名が記されている場合もあります。
  • クランポンの場合は、管の裏側にRCやR-13というふうにモデル名が刻印され、この近くに数桁の数字でシリアル番号(製造番号)が刻印されています。機種によっては管の表上部にプレートや金文字でモデル名が記されている場合もあります。
    器種の刻印が全く無い場合はR-13の可能性が高いです。
  • そのほか、あれば保証書や選定証明書などにも機種が記載されています。

クランポンRCの刻印

クランポンRCの刻印

クランポンRCシリアル番号

クランポンRCのシリアル番号

どのようなクラリネットでも買取します

コンディションに関するご質問と回答

クラリネットのキーの動きが悪い、動かない。

買い取らせていただいたクラリネットは全て調整・点検を行いますので、問題ありません。

タンポが変色している、無い。

タンポは多少変色していても機能的に問題ない場合もあります。破れていたり無い場合は当店で交換いたします。

刻印の金文字が消えている。

刻印の金文字はあるに越したことがありませんが、メーカー名などは確認可能ですので問題ありません。

管に傷やヘコミがある。割れがあるかもしれない。

当店で点検確認し、割れ修理など行います。外観は気にしないお客様も多いです。

金属部分ににサビがある。

当店で錆取りなど行います。ある程度の錆は問題ありません。

マウスピース、リガチャー、キャップ、バレルなどの付属品が無い。

購入希望者の多くはマウスピース類はすでにお持ちの方が多いです。

ケースが無い!本体のみしかない。

当店でケースを用意して販売する場合もあるのでぢ丈夫です。

目立つ傷がたくさんある。使用感がある。

機能がしっかりしていっれば、外観を気にされない需要も多いです。

汚れがひどいが買取ってもらえるのか?クリーニングは不要?

買取させていただいたクラリネットは全てクリーニングいたします。そのままでOKです。

とても傷んでいて、見た目に古く感じる。

多少古くても機能が十分であれば買取可能です。

もらい物のクラリネットなので価値がわからない。

当店の長年の経験で適正な査定額をお出しいたします。