フルートとピッコロの歴史

フルートとピッコロの歴史
 

フルートとピッコロの成り立ちと歴史

奈良の正倉院にある横笛は世界最古の横笛とも言われている。ヨーロッパにおいて現存する横笛はルネサンス時代に現れる。当時は音が鋭く野外音楽や民族音楽に主に用いられていた。17世紀後半にパリのオットテール一族が大幅な改良を加え、オーケストラにおいて重要な楽器となった。16、17世紀にはフルートという名前は主に縦笛に用いられ、横笛はフラウト・トラベルソ(トラベルソ)と言われていた。18世紀になると縦笛はすたれ、横笛がフルートと呼ばれるようになった。このころのトラベルソ(トラヴェルソ/バロックフルート)は現在も古楽合奏などにおいて使用されているし、製造しているメーカーもある。18世紀にはヘッドコルクを移動できるようにしたり、様々な改良が加えられた。19世紀にオバルト・ベームによりついに現在のフルートの原型となる楽器が作られた。全てのトーンホールにカップキーをつけ連結させるものだった。これにより3オクターブをすべての調で演奏することが可能になった。このベーム・フルートは急速にフランス、ドイツなどヨーロッパで普及し多くの名演奏家を生み出した。現在はこの銀製ベーム式フルートが殆どを占めている。

 webフォームで買取価格を調べる

 電話で買取価格を調べる(24時間可)