トロンボーンの買取はシナリッシュへ!はバック(BACH)、ヤマハ、コーン、ホルトンなどをかんたんに無料査定!高価にトロンボーンを買取ります!

 
 

トロンボーン買取
トロンボーン 買取

 

いますぐ楽器の査定額をお答えします。

080-1603-5847
お電話は24時間受付中!

査定フォームは入力かんたん!

バック、ヤマハ、ホルトン、コーン等どのようなトロンボーンでも買取ります!

以下のような状態でも買取可能です。まずはお気軽に無料査定へお申し込みください!

  • トロンボーンのスライドやロータリーの動きが悪い、動かない。
  • 表面が茶色く変色している!買取できる?
  • 買取してもらいいたがトロンボーンにラッカーの剥がれや浮きがある。
  • 管にへこみや打ち傷があり状態が悪い。買取可能?
  • トロンボーンの金属部品ににサビが多くある!
  • 買取してもらいたいがマウスピースなどの付属品が無い。
  • トロンボーンのケースが無いのだが買取ってもらえる?
  • 故障があり音が出ないかも?買取可能?
  • 汚れがひどいが買取時にトロンボーンをクリーニングするのが面倒。
  • とても使用感があり、見た目に古く感じるトロンボーンだ!
  • もらい物のトロンボーンなので価値がわからない。買取可能?

トロンボーンお役立ち情報

修理や調整・下取り・買取・買い替えをお考えの方に役立つ情報をご用意いたしました。

トロンボーンがへこんだり、動かなくなったときに調整代や修理代はどのぐらいかかる?

一般的な金額としては(調査平均値)

  • ロータリー調整・・・・・¥3,000(1個)~
  • スライド調整・・・・・・・¥6,000~
  • 抜差し管調整・・・・・・¥4,000~
  • 手磨き・・・・・・・・・・・・¥15,000~
  • 全体洗浄・・・・・・・・・・¥10,000~
  • 薬品洗浄・・・・・・・・・・¥27,000~
  • オーバーホール・・・・¥120,000~

 
などです。
トロンボーンを購入後よく使用した後に、使用されずにしまっておいたものを再びよい状態に戻すには、オーバーホール程度が必要になる場合があります。そこまで行かなくても、ロータリー調整・スライド調整・抜差し管調整×2・洗浄・磨きぐらいは必要になります。平均的には5万円ほどは覚悟しておいたほうがよいと思います。

修理や調整と買取どちらがおトク?

一概には言えませんが、上記の修理料金ほどの修理の内容がかかるのであれば、買取のほうが状態のよい中古それもお持ちのグレードよりも高い機種が購入できる場合があります。例えば・・・
 
例:ヤマハトロンボーンYSL-620(1999年製造・定価:¥198,000)
■修理の場合

  • 初期購入金額・・・¥198,000
  • 修理・調整金額・・・¥50,000
  • トータル・・・¥248,000

■買取・買い替えの場合、バックトロンボーン42B(2008年製中古調製済・定価:¥367,500)へ

  • 初期購入金額・・・¥198,000
  • 買取金額・・・▲¥50,000(当店実績)
  • バック42B・・・¥100,000(一般店やオークション調査)
  • トータル・・・¥248,000

 
トータルで見てみると一目瞭然。買取のほうがお持ちの楽器よりも上級グレードで新しいバックトロンボーンが手に入ります。このようにうまく高額で売却し、程度のよい中古の楽器を見つけられれば費用を最小限に楽器をステップアップさせられます。
ただ、あくまでも一例に過ぎませんのでトロンボーンの買取・買い替えが絶対にお得とは言えません。色々な見積もりを見て修理の料金や欲しい中古の相場などを色々研究して計算した上で修理・調整するか買取されるかかお決めください。
当店はそんなお客様の立場に立った、トータルでお客様のお役に立てる提案をさせていただくトロンボーン買取専門店です。お気軽にご相談ください。

トロンボーン買取の取り扱いメーカー例

 

バック/BACH

アメリカのトロンボーンメーカー。ヴィンセントバック。世界中のプレーヤーに愛用されているスタンダードモデル。

ゲッツェン/Getzen

総合金管楽器メーカー。子会社のエドワーズとともに人気がある。

コーン/C.G.Conn

世界中のトッププレーヤーが使用している、非常に評価の高いメーカー。ラインナップも幅広い。音色も素晴らしい。

ホルトン/HOLTON

金管楽器の製造メーカーとしてトップクラス。魅力のある品揃えで他メーカーを圧倒。ルブラン社の傘下。

シャイアーズ/S.E.Shires

ボストンに工房。設立者はトロンボーンプレイヤーでもあることから、非常にこだわりを持って作られている。

レッチェ/LATZSCH

レッチェ
ドイツトロンボーンの代表格。フルフローバルブを開発した。日本でもプロ奏者が数多く使用。

ヤマハ/YAMAHA

日本が誇る総合楽器メーカー。その中でもトロンボーンは世界的にも使用プレーヤが多い。

クルトワ/Antoine Courtois

アントワンヌ・クルトワ
旧コルトワ。フランスのメーカー。本国だけでなく特にヨーロッパでは非常に人気がある。

インダービネン/INDERBINEN

インダービネン買取
スイスのハンドメイドトロンボーン。とても精巧で丁寧な造り、すばらしい音色である。

エックス・オー/XO

エックスオー
台湾で製造されているが、設計などは日本。台湾製のなかではずば抜けた品質と音色のトロンボーン。

シャガール/Schagerl

シャガール
ロータリートランペットでも有名な工房。近年オーストリア・ウィーンのトロンボーンプレーヤが多く使用している。

クロマト/H.Kromat

クロマト買取
レッチェで修行をしたハンス・クロマト氏が設立。ベルリンフィルでも使用しているトロンボーン奏者が多数。

カンスタル/KANSTUL

カンスタル
ハンドメイドで有名なカンスタル氏は、キングやベッソンなどで設計を行っていた人です。

キューンル&ホイヤー/K&H

キューンル&ホイヤー
精密な造りと斬新で独創的な楽器を生み出している。スローカーも使用している。

ヘルマン・シュミット/Helmat Schmidt

ヘルマン シュミット
当初はマウスピース製作のみを行っていた。ハンドメイドでプレーヤーに合わせた作りを得意とする。

ヘルムート・フォークト/Helmat Voigt

ヘルムート・フォークト
旧東ドイツの工房。シュターツカペレ・ドレスデンはトロンボーンセクション全員がこの楽器を使用。

マイケル・ラス/M.Rath

マイケル・ラス買取
R字のバランサーが非常に印象的。本国のイギリスだけでなく数多くの奏者に支持されている。

トローヤ/THROJA

トローヤ
ドイツトロンボーンの代表格。ベルリンフィルやコンセルトヘボウの奏者も愛用している。

そのほか買取できるトロンボーンは、オールズ/F.E.Olds&Son、タイン/Thein、シルキー/Schilke、B&S、ユルゲン・フォークト/Jurgen Voight、チェルベニー/V.F.Cerveny、ハーグ/HAAG など国内外の有名トロンボーンメーカー、工房なども買取OKです。お気軽にトロンボーン買取の無料査定にお申し込みください。

トロンボーンのメーカーや機種の確認方法

メーカーや機種がわからない場合は以下のように楽器の詳細をお調べください。

  • ベルとスライドのジョイント付近やベルなどに刻印があります。買取査定ご依頼時にご確認ください。
  • ヤマハ場合はベルとスライドのジョイント部分にYSL-●●●(テナー・テナーバス)、YBL-●●●(バストロ)などの刻印があります。
  • バックトロンボーンの場合、ベルに42Bなどのモデル表示があります。買取時機種が詳しくわからない場合はこれらの刻印をお知らせください。
  • 購入時の保証書や領収書・選定書などがあればそれに機種の表示があります。

トロンボーン買取のながれ

買取お取引の手順ををカンタンにご説明いたします!

1.無料査定フォームから送信。

フォームから状態や必要事項を送信!24時間以内に買取査定額がメールで届きます!
フォームから送信

2.買取査定額にご納得なら、メールを返信。

買取金額にご満足いただけましたらメールをそのままご返信ください!
メールを返信

3.ご指定の日時に買取キットが届きます。

ご指定いただいた日時に買取キットが宅急便にて届きます!
買い取りキット到着

4.梱包して送料着払いで発送。

梱包説明書通りに梱包資材を使い、楽器を梱包すれば誰にでも簡単に発送準備完了!
送料着払いで発送

5.到着後確認できたら、迅速にお振込み。

当社にトロンボーンが届き次第、査定時の内容に相違がなければ、指定の口座へ買取金額をお振り込み!
到着後、お振込み

いますぐ楽器の査定額をお答えします。

080-1603-5847
お電話は24時間受付中!

査定フォームは入力かんたん!